コラム|京急蒲田で歯科をお探しの方は【DentalOfficeKure】まで

〒144-0053
東京都大田区蒲田本町2-4-2

03-6715-9095

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30

:土曜午後は13:30~16:30
休診日:木曜・日曜・祝日
※:祝日のある週の木曜日は診療

コラムColumn

フッ素によるむし歯予防の効果について

皆さんこんにちは。

DentalOfficeKure(デンタルオフィスクレ)です。

 

むし歯予防に効果のある物質といえば「フッ素」ですよね。

 

皆さんが毎日使っている歯磨き粉もおそらくフッ素が配合されていることでしょう。

 

むし歯予防に積極的な方なら歯科医院でフッ素塗布を受けているかもしれませんね。

 

今回はそんなフッ素がどのようにしてむし歯を予防してくれるのかをわかりやすく解説します。

 

歯の再石灰化を促してくれる

フッ素の虫歯予防効果としては、「歯の再石灰化の促進」が第一に挙げられます。

 

私たちの歯は、むし歯になっていなくても、歯が溶ける現象である「脱灰(だっかい)」が起こっています。

 

それを元に戻すことを「再石灰化(さいせっかいか)」と呼ぶのですが、フッ素はこの現象を促進してくれるのです。

 

再石灰化現象は、簡単に言うと「歯の修復」です。

 

歯質を強くしてくれる

フッ素のむし歯予防として「歯を強くする」という効果をよく耳にしますが、具体的にはを指しています。

 

歯の表面を覆っているエナメル質は「ハイドロキシアパタイト」という構造で成り立っていますが、そこにフッ素が加わることでフルオロアパタイトという少し異なる構造に作り変えられるのです。

 

歯の構造がフルオロアパタイトになると、むし歯への抵抗力が高まります。

 

フッ素塗布が最も効果的

フッ素によるむし歯予防効果を期待するのであれば、歯科医院で受けるフッ素塗布が最もおすすめです。

 

フッ素塗布では、歯磨き粉の数倍の濃度のフッ素が配合されており、その分だけむし予防効果も高くなっているからです。

 

ちなみに当院では、予防歯科にいらっしゃった患者さまにフッ素塗布を行っております。

 

まとめ

このように、フッ素は歯の再石灰化の促進と歯質の強化という2点において、むし歯予防効果を発揮します。

ですから、日々のオーラルケアはもちろんのこと、歯科医院で受けるプロフェッショナルケアにおいてもフッ素を積極的に活用していきましょう。